.

ノートPCの画面の前に座り、リアルタイムで動いている相場を見ると、エントリーをするという感情が沸き起こる方も少なくありません。コンブチャクレンズ

でも、ぼんやりした衝動で取引することだけは断じてしてはいけません。

確かに、マーケットは四六時中常にいずれかで市場はやっているし、市場もいつでも、変動している。

しかし、だからといって何度も取引を重ねていると、それだけで損失を被る確率が上がります。

言うまでもなく、エントリーの数を重ねることによって、次第に勝利する確率が50%、50%になるのは事実。

けれどもこの事は「ぼんやりとした感覚でエントリー」してしまうこととは別の話だ。

売り買いの回数を積むという意味は「ここがチャンス」と感じた勝機を持った状態での売り買いの回数を積むという意味である。

ただ、絶え間なくトレードをするのとは明らかに違います。

相場の駆け引きに臨むには思案してメリハリをつけることこそが重要です。

「ここだ!」と考えた為替相場の時には迷わずポジションを多くして、積極的に儲けを追求します。

「何となく難しい外国為替市場で、どう変化するのか読めないな」と思い至った時は、潔く諦めて保持ポジションをひとつも残さないでクローズして放置します。

それぐらいのリズムをつけた方が、売り買いは成功します。

市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

文字通り言葉どおりだと感じます。

外国為替相場とは、いつでも売買ポジションを保有する事が大事ではなく売買ポジションを持たずに待っている事も時には相場です。

それならば、どういった時に、休みどきなのでしょうか。

ひとつは、先に述べたように、現在の外国為替相場が見通しがきかない時です現状から高くなるのか安くなるのか見通せない時は考え無しで行動すると、自身の思った筋書きとは違った方向に外国為替市場が変動してしまい損失を被ることになる。

そういった場合はポジションを閉じ、そのままの状態で見ているだけが最良の方法です。

次に、自身の体の状態が思わしくない時です。

健康状態と市場に関係しないと感じる人もいると思いますが実は思ったより影響を与えます。

コンディションが思わしくなければ為替相場のミスできない場面で落ち着いた判断を下すことが難しくなります。

興味がわかない時は、取引から離れてみるのも大事なことだ。