.

想像できずにいきなり遭遇するのが自動車の事故です。ホワイトヴェール

そこでどう判断するかが要因となり自動車の保険料の支払額もかなり大きく変わる場合もありますので適切な決断力と対応が求められます。女の子 赤ちゃん 服

想像も出来ないケースに遭遇して平静さを失ってしまったならば工程を見失ってしまい後々自らがかなり大きな損をしてしまう状況も考えられるので事故に巻き込まれた場合には冷静に次の処理をします。

車の事故に遭遇した場面でまずする事は負傷した方の有無を確認する必要があります。

自動車事故後は気が動転するあまり喪心状態になってしまうケースがありすぐに行動を起こせないのが現実です。

その場面では、負傷した方がいた時に安全な地点に移動してできる限りの処置して周囲に助けを求めるなどして人命救助の優先を心掛けましょう。

119番に連絡する時には明確な事故の場所を連絡し分かりにくい場面では目を引くお店や交差点を告げてその地点を特定できるようにします。

その後で警察へ知らせて自動車の事故が起こった事また簡単な状況を伝えます。

救急車とパトカーを待っている時間に事故相手の内容を聞きます。

氏名、住所、電話番号、ナンバープレートの番号、相手側の保険会社等お互いの情報をやり取りします。

その時に相手に過失があったような状況では、そこで処理する場合が存在しますがすぐにやり取りするのではなくどの状況にかかわらず警察や自動車の保険会社届け出て、正確にチェックしてもらう事が必要です。

それぞれの連絡先を交換したら車のじゃまになるのを避けるために障害物を道からどけます。

仮に被害が他者の交通の障害物となっている状況なら互いの情報の交換をする以前にその対応を行うことは問題はないです。

自らのお金を払っている車の保険会社に電話をし、自動車の事故が起きた事を知らせます。

車の事故から一定時間内のうちに自動車保険会社に連絡しておかないと、交通事故の保険の適用外に事態もあるのでなるべく速やかに連絡を入れることが重要です。

可能であれば事故現場の証拠になるように、デジカメや携帯電話のカメラなどで現場や自動車の破損状態を見ることができる写真を残しておきます。

これは過失の割合決める時に証明とできますので、己の愛車や相手方の愛車の破損状態をきっちりと証拠に残しておきましょう。

この状況で目撃者がいたのなら警察の方や自動車保険会社の人が駆けつけるまで一緒にいてもらえるように依頼するのも必要不可欠です。