.

自賠責保険とは正式名称で自動車損害賠償責任保険略すと自賠責保険と呼ぶものになります。美甘麗茶

このような自賠責保険は強制保険と言われ、車を決められた期間ごとの車検に出すときには決まっている車検期間に効力のある自賠責保険に入っていなければなりません。アーセナル

つまり、すべての自動車に加入義務のある保険なのです。

では自動車に自賠責保険が付いた状態で手放したケースではどうなるでしょうか。

自賠責保険は車検の際に更新する場合が多々ありますが、仮に強制保険(自賠責保険)に入ったままのクルマを手放した場合はお金が返ってくるという事例はないのが普通です。

なぜなら自賠責保険をいったん抹消して、新たな所有者に移すということは多少面倒くさいのです。

ですから、自賠責保険というものは、名義変更後に自動車とともに譲るのが普通です。

ただそれと同等の額を買取額に上乗せしてくれるものです。

自賠責保険の場合は自動車税とは異なり既に支払った金額を1ヶ月単位で割り算した額が返還されるやり方ではなく見積額に乗せるという方法をとるのが通常なのですが、この上乗せが見積もり票に掲載されるケースはほとんどありません。

ですので買取の際には自動車損害賠償責任保険の金額が査定額に反映されているかをチェックしてください。

あなたが納付した額がどのくらいの額かということをわかっていれば大丈夫はずです。

その自賠責保険の加入金額というのは、加入期間で違ってくるため注意しましょう。

車の買い取りの場面では自賠責の名義書き換えをする必要があります。

名義変更を忘れていたら保険会社より自分宛に自賠責保険の満期お知らせが届くことになります。

査定を考えている自動車が多少でも高く売却できることを応援してます。